うまのて雑記帳・うまのて的こころ

淡水小物釣りとB級グルメをメインにグダグダ書いたブログ


※更新停止に伴いコメント欄を停止したら過去のコメントまで読めなくなってしまいました。
たくさんのご意見ご感想ありがとうございました。

★江戸東京博物館

そもそも住宅建築に興味を持ったのはなぜ?と問われると、ちょっと話が長くなります。とりあえず今日は”その1”ということで。
直接に建築に興味を持ったのが始まりという訳では無いんですよね。最初は”昭和”のもの、特に自分の記憶にある範囲の昭和40〜50年代の”モノ”に懐かしさをおぼえて、あの頃の電化製品とか、流行モノ、車とかをまた見てみたいなぁというのがありました。
そんな中途半端な年代の物を展示してある施設は無いのか・・・と思っていろいろ探してたらまず目に付いたのは「江戸東京博物館」(http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/)。まさに江戸〜東京の歴史を語るには外せない施設です。時代劇ファンとしても目が離せない展示の数々(あの江戸の街のジオラマの中に水戸黄門とか金さん人形が忍ばせて置いてあったら”神”認定だったのに・・・)。そして明治から昭和までの展示内容もかなり充実。車は有名なスバル360の他にもこんなのも。↓


R2にN360・・・・渋いチョイス。この展示を決めた人を褒めたいですな。
また、各時代の生活用品なんかも展示されてて見ごたえあり。昔の歯磨き粉とか洗剤、化粧品なんかはなかなか見ることができませんからね。そして昭和10年代の和洋折衷住宅の建物も一部ながら再現されてたり、昭和初期(という設定)の一般住宅が体験コーナーとして再現されていて靴を脱いで家に上がる事ができて、ちゃぶ台のある茶の間に入れたりしてかなり興味をそそられました。住宅建築への興味の第一歩でしょうか。