うまのて雑記帳・うまのて的こころ

淡水小物釣りとB級グルメをメインにグダグダ書いたブログ

★姫路といえば・・・姫路市営モノレール廃線跡巡り!?

 
普通は姫路城じゃねぇのか!そこは!というツッコミは無しの方向でお願いします。
今日は少し東上して姫路をウロウロ。まだ未踏の姫路競馬と、新たな展示施設が出来たという話を聞いた姫路モノレールの遺構見学をしてました。
まずは、とりあえずモノレールの話を先に。
 
姫路の朝。午前中の時間に余裕があったので、姫路城を・・・というのもほぼ考えずに(笑)、真っ先に向かうは姫路駅北口から手柄山を結んでいた姫路市営モノレールの遺構。正式な○○線という名称はなく、姫路市営モノレールと言われていたそうです。
近年、昔の終着駅跡に姫路市の手で展示施設が整備され、30年以上放置プレーだった車両を間近で見られるようになったそうなので訪問してきました。
手柄山で行われた姫路大博覧会の足という名目で手柄山までの区間で先行開業したものの、延長計画は実施されることはなく、あえなく開業8年(1974年)で休止され、後に復活すること無くそのまま廃止になったそう。
 
さて、姫路の北口に降りると、モノレールの駅の跡は跡形もありませんがちょっと先には橋脚がデーンと構えてます。
20120814195539
 
山陽電車は高架で超えていたようです。
20120814195512
さっきの橋脚跡の高さと比べると、結構な勾配があったことが伺えます。
 
少し歩くと、廃線系のサイトでお馴染みの「大将軍駅」跡。
大将軍駅
下はビジネスホテル、上は高層アパートとして使われていましたが、現在はアパート部分以外は使われていない模様。
 
逆側からの眺め。
20120814195515
玄関開けたらすぐに駅・・・・なんですが、この場所は姫路駅まで歩いて数分の近さという事もあり利用者は伸びずに、この駅は開業わずか2年で休止されたそうです。
 
この先で新幹線をアンダークロス。
20120814195516
その先の当時の国鉄の線路はオーバークロス。
 
この先は手柄山方面にむけて緩いカーブを描き、終着駅の手柄山公園に向かっていた模様。現在は手柄山公園付近の遺構は撤去されている様子。
 
そして、これが当時の終着駅跡で、現在は改修されて「手柄山交流ステーション」と名を変えてモノレール車両を展示している施設です。
20120814223444
かつてはこの建物が終着駅で、この建物に突っ込むようにモノレールの線路があったそうです。
 
こんな感じで。
20120814223643
これは展示施設内に飾られていた写真パネルです。
 
早速施設内に入ってみました。
20120814195523
20120814195522
20120814195521
20120814195520
20120814195518
車両は結構大きいな、という印象を受けました。同じロッキード式の向ヶ丘遊園のモノレールに乗ったことがありますが、一回り大き感じ。
負の遺産であるはずのモノレールもこうやって展示すれば「昭和遺産」として客が呼べるんですから、この考えはあながち間違ってないかも。ワタシのような変わり者が遠路はるばる訪れて、多少なりとも姫路に金を落としていくんだから。
 
姫路競馬の話は明日、家に帰ってから更新しようかと。JR東海の”嫌がらせ”?に負けて一部区間新幹線でワープすることにしてしまった・・・・
 
ブログランキング・にほんブログ村へ