うまのて雑記帳・うまのて的こころ

淡水小物釣りとB級グルメをメインにグダグダ書いたブログ

★福山競馬が廃止になるらしい

 
明日は釣りに行けないから、午後から少し釣りに行こうと思っていたのにこの強風。
お客さんも来ないしヒマなんで久々に競馬の話題で記事更新。今更感丸出しですが、廃止になることが決まった福山競馬の話でも。
 
釣りブーム再燃前は自分の中では空前の競馬ブームでして、特にJRAの障害レースと地方競馬に熱を入れていました。
そんな競馬ブームの中で、行ったことのない競馬場を「乗り鉄」と絡めて訪問するのが一つの楽しみでした。ま、今も乗り鉄と絡めて釣にり行ったりしてますから、あんまり人間的な進歩はしてないっぽいです(笑)
 
福山競馬に行ったのは2005年8月のこと。この時すでに「ぼちぼち福山あたりが危ない」という話は出ていた気がします。そんな事で福山競馬と、こちらも間もなく無くなるという話が出ていた「寝台急行・銀河」と「新幹線0系」の乗車を全部いっぺんに済ませてしまおうと計画した旅行だったと記憶しています。
 
わざわざ東京駅まで行ってから銀河号に乗り込みました。

(↑東京駅発車時の車内放送)
 
奮発してA寝台を確保。
開放型A寝台
今は消えてしまった個室ではない「開放型A寝台」。
 
大阪駅に到着。
銀河EF65
 
記憶が一部おぼろげになってますが、山陽電車の写真があるので姫路までは梅田から私鉄を乗り継いできたんでしょう。
20121208140029
 
姫路〜岡山間の”西の嫌がらせ区間”は0系新幹線に乗車。
0系新幹線
0系新幹線
青春18の時は嫌々新幹線を選択する区間ですが、この時は0系の為に進んで新幹線を選択。
 
岡山では今年の夏も撮影した「宇野バス」の写真を撮ってますね〜
20121208140032
バスと鉄道に掛ける情熱はあんまり変わってないみたい・・・・
 
岡山から福山は快速「サンライナー」117系。
「サンライナー」117系
今年は日中の時間帯に快速の運用が無かったような。便利なんだけどな。
 
福山からはタクシーで競馬場に。バスに乗ろうと思ったら、手前のタクシー乗り場に古いクラウンの個人タクシーがいたので、それに思わず乗った気がします。
20121208140035
そういや、盛岡競馬場からの帰りも列の後方に「80系マーク2」のタクシーがいたんでそれに乗りたさにわざわざ前のコンフォートを見送った記憶が。何やってんだ、オレは・・・・人生の大半を「バカなマニア道」に費やしすぎだろ。
 
ま、己のバカを振り返るのはさておいて、福山競馬を思い出します。
 
(↓クリックで拡大)

市街地にあると思いこんでいたんで、思ったよりも開放感があって緑があるなぁと感じました。
 
この当時はアラブ限定のレースが残っていました。馬の見た目は素人目には区別付きませんが。

ま、残っていたも何もこの時点では福山競馬はサラブレッドが導入されていませんでしたからね。アラブ系の生産が激減してレースを組むのが困難になってしまい、2005年の12月から本格的にサラブレッドのレースが開始されました。
 
シンプルなゴール板。
20121208140036
 
路盤均しはウニモグで。
20121208140037
 
これはパドックですね。
20121208140038
 
岡田祥嗣騎手。
岡田祥嗣騎手
 
旧勝負服時代の三村展久騎手。
旧勝負服時代 三村展久
 
レースの記録が少ないなぁ。
福山競馬
名物のラーメンを食べたはずですが記録してないですねぇ、残念。
  
この後は宮島航路乗りつぶしのためだけに宮島に行きました。
20121208140047
20121208140046
JRの航路で行って、着いてすぐに隣の宮島松大汽船でとんぼ返り。
 
この時福山競馬場は既に、場内に「終焉近し」を匂わせる雰囲気が見受けられました。スタンドの一部に立入禁止の箇所があったり、子供の遊具が設置されている所も使えなくなっていた記憶があります。
結局のところ、主催者はこの頃からやる気無かったんですね。高知やばんえいのような必死さはゼロで廃止を発表する機を伺っていたとしか。
  
ま、公営競技の主催者なんてヤル気のある一部を除けば何処も似たようなもんでしょう。主催者側の人間は次の異動先やら天下り先やらを見つければいいだけの話、現場の人間が路頭に迷おうと知ったこっちゃないでしょうね。
この先10年20年後は公営競技がどれだけ残ってるでしょうか。競馬・競輪が趣味の人は早めに次の趣味を見つけておいたほうがいいかもしれません。
 
この旅行に行った時のことは当時作っていたホームページでも公開してなかったので、今更ながら今回初公開になってしまいました。ちょっと古い話題ですがここまで読んでいただけたなら幸いです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ