うまのて雑記帳・うまのて的こころ

淡水小物釣りとB級グルメをメインにグダグダ書いたブログ

★今年初にして平成最後の超遠征は毎度おなじみのアッチの方へ

今日の陽気はアイスが食べたくなりますね(笑)
20190418122134
陽気にかかわらず食ってんじゃねーか、というツッコミは(以下略
 
さて、昨日は”世間の皆さんはGW前なら遠出は避けるはず”ということで、隙を突いて(?)超遠征。帰り道の渋滞を避けるには良い日程かな、と。
20190422004817
行く先はと言えば、例によってこちら方面。普段とややアングルが違うのは斜面が工事中でいつもの撮影スポットへ近づけないため。
 
本来ならば満開の桜の下で、いつものオニギリ&ぼたもちを食いたかったですが致し方なく室内で。
20190422004820
20190422004821
しかし、雪が予想以上に残ってましたね。
トンネルを出た時には道路端の日陰にはかなりの量の雪が残っており、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」を実感(そこまで大げさじゃないけど)。
 
現地に着いたら、例年この時期にキタアカが見れる所へまずは。
20190422004823
周辺ではキレイな野の花が咲き乱れ、水の中からもキレイなのを引っ張り出したいところでしたが・・・・・
 
なんとびっくり、これ一つという劇貧釣果。
20190422004824
まぁ確かに、水位は低いし見える魚影は少ないしで期待薄でしたが、まさかここまでダメとは。
 
せめてヤリくらいは見たいですから、それが出そうな場所へ。
20190422004825
ところが予想外に早く農作業が進んでいるようで、思ったよりも濁りがキツく。
 
ちょっと粘っては見たものの、数は出ませんでした。
20190422004828
20190422004829
色合いはキレイでしたが。エサは黄身練りを使用。
 
この後は昨年最後の当地遠征で回ったエリアの春の様子を確かめに行きますが、
20190422004827
20190422004826
代掻きをしていたり、泥濁りの激流になっていたりでほとんどの場所で竿は出せず。
 
桜の花びら浮かぶ小場所でに小さな魚影を確認したので竿を出しますと、
20190422004833
20190422004830
バラとヤリでした。粘って数が出る感じの場所でも無さそうなのでこれくらいで移動。
 
今度は桜の花びらが流れる流れで。
20190422004838
先程の場所よりやや大きめの魚影が確認できますので期待して竿を出します。
 
結局この日は数より色合い、って感じかも。
20190422004832
20190422004831
ヤリが幾つか上がった所でタイムアップ、納竿。
まだこのエリアの全貌(ポイント&農作業のサイクル)を掴むには時間がかかりそうですが、探ればまだまだ良いポイントはありそうという印象。再び自転車を持ち出してローラー作戦で今一度攻めるのもアリかと感じました。さらにはフナを狙っても良さげな雰囲気な所もいくつか。何年か前、別エリアで5月の末に腹パンのフナが立て続けに上がったことがあるので、その頃になったらフナのポイントを探し出すのも面白そうかも。
 
帰り道のSAでは定番の土産を購入。
20190422004837
ケンミンショー効果もだいぶ薄れたか、在庫は充分でした。本当はレトルトじゃなくて、バスセンターに行って”雰囲気込み”で味わいたいですけどねぇ・・・
 
夕飯は湯沢石打SAで”肉野菜炒め定食”。
20190422004835
ここは全体的に味が濃い目で私好みですね。お上品なモノばかり食ってる皆さんにはやや塩気が強いと感じられるかもしれません。大盛りライスをやっつけたら帰路に。
事前の読みどおりに渋滞は無くスムーズに帰る事が出来ました。
 
なんだかんだで「平成」もあと僅かになってきました。私の場合、脳の中では昭和の思い出ばかりが華やいでますが、実際に過ごした時間は平成のほうが長いんですよね~。ま、平成時代というのは”大人”として過ごしてますから華やかで楽しい思い出なんかそんなにある訳ないですね(爆) やはりストレスフリーで過ごした少年期の記憶はなかなか消え難いんでしょうか。
  
**************************

 

大人の時間はなぜ短いのか
 
子どもの頃の思い出は本物か: 記憶に裏切られるとき

 
**************************

他のブロガーの方々の釣行記はこちらからどうぞ
にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ


**************************


脳はなぜ都合よく記憶するのか 記憶科学が教える脳と人間の不思議
 
一年は、なぜ年々速くなるのか