うまのて雑記帳・うまのて的こころ

淡水小物釣りとB級グルメをメインにグダグダ書いたブログ

★霞から牛久へというルートが今季はパターン化しつつあるのか

まぁそういう訳でして、先週に続いて昨日もそういうルートになりました。
 
日曜は週間の予報では雨予報が出ていた上に気温も上がりそうもないような事が書いてあったので、最近は不祥事で話題になっている事でお馴染みの「競艇」に初めて行ってみようかとも思ってましたが。
 
日本の公営競技にはいわゆる”3競オート”(※ 競馬・競輪・競艇オートレース)っていうモノがあります。
2020011316594720200113165957
2020011316594320200113165938
(イラスト拝借元は毎度おなじみの”いらすとや”
私はその中で唯一足を踏み入れたことが無いのが競艇なんですよね。
「有力選手が1番枠入って、枠なり進入で、そして1回目のターンでほぼ決まってしまう・・・っていうレースは何だか見ててもあんまり面白くない」というのが理由かなぁ、”券”の寿命が短すぎますかね。ゴール前何十センチまで逆転の目がある"ばんえい競馬"の方がまだ好きです。
「ライブ観戦したこともないのにとやかく言うのも何だし、平和島競艇デビューも良いかな」という計画もあったものの、前夜の予報では雨マークも消えたので結局釣りに。
 
余計な話でだいぶ面積を稼げたので本題へ。
釣りがパターン化しつつある中で、まだ未知のモノがあるのが食い物(笑)なので、お初の千葉名物(?)を買ってから。
20200112231920
わざわざ高速を途中下車してまで買ったのは、としまや弁当の「チャーシュー弁当」。以前ケンミンショーでも紹介された事もあるらしく、千葉ではそこそこ有名だとか。なんでも千葉県民はチャー弁と呼んでるらしいです。
スマホのカメラがクソ画質なせいで色合いがイマイチなのはご容赦。実物はしっかり煮込まれてる感のある色合いで見るからに美味そうです・・・・・で、美味いです(笑)
やや甘めで柔らかい煮豚、そしてご飯にも染みたタレ、箸の止まらぬその抜群のハーモニーに「なるほど、これが”としまや”流か」と感心した次第。さすがに長年地元で愛されてきただけの事はありますね。
 
なお、パッと見のボリュームは私にはまだ余裕でイケる感じだったので、レジ横の弁当群の中から”チキンカツ・イカフライ弁当”も買ってしまったことはココだけの秘密です。
20200113145201
カツとフライにもソースじゃなくて甘めのタレが掛かっているようで、これがまた良い感じです。なお、チャー弁が遅い朝食でカツ・フライ弁当が昼食となっております。
2個の弁当を平らげたら釣りに向かいますが、この頃から予報には無かったはずの雨が降ってきてしまいました。
 
現地に着いたら、とりあえず結果が欲しくなったので堅そうな場所に直行。
20200112231901
そぼ降る雨の中で竿を出します。
 
ツ抜け+αくらい釣れた頃、雨がやや強くなってきたので移動します。
20200112231908
グルテン1をベースにしてあれこれ混ぜたエサを使いましたが、ようやく自分なりに納得できるエサの仕上がりになるようになってきました。(←今更かよ)
 
移動と言っても霞界隈で確実に釣果が出そうな所も思いつかず、前回同様に牛久方面にフナ狙い。先週に比べたらだいぶ水位が下がってますが、経験上このくらいまでなら大丈夫そう。
20200112231916
時折小雨が舞いますが耐えられないほどでは無かったです。一日を通じて気温もそこまで厳寒でもなかったですかね。
 
いいサイズも含めてサラッと釣れた所で納竿。
20200112231912
エサはさっきまでの残りを使用。赤虫も使ってみましたが、底に着くまでにタモロコにつつかれる事が多くて不効率。
 
リンガーハットで餃子定食を片付けたら帰路に。
20200112231905
ホントはあのパリパリ麺を食べようかと思ってましたが、店舗限定メニューで餃子15個の餃子定食があったのでリアクションバイトしてしまいました。
 
2週連続のチャーシュー、2個の弁当、餃子定食、例によって例のごとく今年もダイエットとは無関係な感じで進んでますが、
20200109211920
先日引いたおみくじには”いまの状態を大事に保持すること”とありますので、ダイエットは不要です(爆)
 
**************************

 

千葉ジモト飯 ウォーカームック
 
**************************
 

 
他のブロガーの皆様の釣行記はこちらからどうぞ↓
 
にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
 
**************************

 

ティムコ 幸釣 二三四 TIEMCO