うまのて雑記帳・うまのて的こころ

淡水小物釣りとB級グルメをメインにグダグダ書いたブログ

★四国乗り鉄三昧&小松島競輪

 
最近はすっかり釣りのブログと化している当ブログですが、今日は四国の乗り鉄小松島競輪に行ってきたので「旅打ち」の話になります。
本来は競馬のホームページをやってて、その中の1コンテンツとして始めたブログなんで釣り以外のことも書きたいんですがねぇ、釣り以外の記事がトップにあるとアクセス数まで減るという有様です。だからという訳でもないですが、簡潔に画像中心で・・・・眠いし。
 
朝、5時半に目が覚めてしまったので岡山の宿を6時半には出発。昨日の晩に競輪・競馬のスケジュールをチェックしたらこの近所は小松島競輪しかやってないので、とりあえず目指そうかと。さすがに山陽オートは遠いし。時刻表とにらめっこしておおまかなスケジュールを組んでおきました。が、予定よりも早めの出発。
 
ちょっと早く出たので瀬戸大橋線じゃなくって、あえてフェリーで四国入りしようかと急に思い立ちました。
 
茶屋町で宇野行きのローカルに乗り換え。
JR西の単色塗装
115系の真っ黄色の厚化粧、見苦しい・・・・。
JR西の単色塗装ってもうちょっとなんとかなりませんかね。青一色とか緑一色とか、もはや悪趣味。白線1本入るだけでだいぶ印象違うかと思いますが。
あの単色塗装シリーズで支持できるのは本来の色に戻った「タラコ色」のキハだけかと。
 
宇野駅ではかつては「マリンライナー」で花形役者だった213系が。
213系
いまやローカルの脇役稼業。
 
かつての栄光といえばこの宇野駅もそう。
宇野駅
広かった構内もすっかり区画整理されてどこがどこだったやら、という感じ。
 
宇高航路の連絡船が出ていた痕跡も、バースの跡がほんの一部残されているだけ。
宇高航路 バースの跡
あまりに一部過ぎて何が何だか。
 
四国フェリー宇高国道フェリーの2社の航路がありますが、ちょうどいい時間に出発の四国フェリーに乗ってみました。
本四フェリー
本四フェリー
運賃は390円と割安。
宇野→高松は約1時間。1時間あったら瀬戸大橋線で岡山から高松まで行っちゃいますけど。
 
高松駅前にも宇高航路の痕跡がありました。
20120813225745
連絡船のイカリだそうです。でも、往時を偲べるものは他にはほとんどナシ。
 
2006年に高知競馬を訪問した時以来(http://d.hatena.ne.jp/umanote2001/20070124)の四国なんで、高松の駅の撮影もしたかったんですが、目指す徳島は阿波踊り、なおかつ18切符シーズンですのでゆっくりしてると席が無くなるのでササッとホームに並びます。
 
JR四国の最新鋭気動車1500形に揺られること約2時間、高徳線で徳島に。
20120813225746
1500形って結構ダッシュが良いですね。一般型気動車のイメージというとキハ40とかの鈍重なイメージですんで。
 
徳島で牟岐線に乗り換えて小松島競輪場の最寄り駅南小松島に。
20120813225748
20120813225751
しかし、最寄り駅とは思えぬローカルさで、ちょうど駅を降りた時間帯は「無人」で、ワンマン運転の運転士に18きっぷを見せて降車。
 
初めて訪問する公営競技場の最寄り駅を降りた時には「ケツに新聞挿したジジィの後ろに着いてけばなんとかなる」もんなんですが、そもそも駅を降りた人は地元の人ばかりらしく、だれも競輪場の方へ歩いて行かない・・・・
でも、一直線に歩けば着くので、これで迷う人は相当の方向音痴でしょう。5分も歩けば、
20120813225749
こんなのが見えてきます。
 
海の見える競輪場としておなじみですが、
20120813225750
申し訳ないですけど「売り」はホントにそこだけ、って感じの競輪場。
あ、あとは日本唯一の女性競輪実況アナ、茂村華奈さんの熱い実況ぐらいでしょうか。
 
正直、持ってるのが不思議といった感じですね。早めの訪問をオススメします。
それにしても、(特に)西日本の競輪新聞ってなんであんな感じなんでしょうか。スマホユーザーならKEIRIN.jpで調べたほうが中身が濃いんじゃないかと思える感じ。
 
レースも当たんないし、列車の時間が気になるので再び時刻表を開いて帰りのスケジュールを決めます。
徳島からは今度は徳島線で佃まで行って、そこで土讃線に乗り換えて高松に行って駅で「連絡船うどん」を食って、マリンライナーで宿のある岡山に戻ろうかと。
 
徳島まではメチャ混みの汽車に揺られ、徳島線阿波池田行きに乗り換え。本来はタッチの差で乗れないハズの阿波池田行きが発車が遅れてるらしくまだ停車中だったので乗車。ツイてます、本当はこの40分後のやつに乗る予定だったのに。
よしの川ブルーライン」の愛称が付いてる徳島線吉野川に沿って走る所も。
20120813235237
この吉野川水系も「タ」の付く魚のポイントがあるらしいですよね・・・今度は探してみるか!?
 
出発時に遅れていた列車はさらに遅れを増して15分ほどの遅れになりました。
20120813225753
単線なので通過待ちもあるし、そう簡単に詰められないですよね。
 
でも、佃では琴平行きの列車も連絡を取るように指示されていた模様で難なく乗り換えが出来ました。しかし、この琴平行きの列車は秘境駅として有名な坪尻には停車しないヤツで、残念ながらスイッチバック体験はできず。
 
高松行き「サンライナー」も接続待ちをしてくれたので難なく乗車。高松間に近くなると高松の花火大会に行く浴衣姿のお嬢さんたちを中心に満員。高松で予定通りにうどんを食べて、岡山に戻って来ました。
20120813225738
20120813225736
久々に鉄道に乗り倒しました。足は疲れなかったけど、何となく疲れる(笑
 
休みは15日まで、しかも明日の宿も岡山だし。さて、どうするか・・・
 
ブログランキング・にほんブログ村へ